和田秀樹

和田秀樹氏の紹介

和田秀樹氏は精神科医でもあり、「緑鐵受験指導ゼミナール」や「学力向上!の会」の監修など教育評論家としても広く活動しています。

 

また、これまでに書籍を400冊以上あるので、あなたも書店などで私の本を1度は目にされたことがあるかも知れませんね。

 

 

「暗記数学」というそれまでの常識を覆す数学の勉強法やその他独自の勉強法により、成績不振に悩む多くの受験生を難関大学合格に導き、「受験の神様」などとも呼ばれたりしています

 

もちろん、中学受験に関する書籍も何冊も出していますし、和田氏自身も、中学受験を経験し、灘中〜灘高から現役で東大理Vに進学しています。

 

また、和田氏の2人の娘も中学受験をし、2人とも女子御三家といわれる難関校に合格しています。

 

中学受験に悩むあなたのために、精神科医として、そして教育評論家として、また、自分自身や自分の娘が中学受験に関わってきた中学受験の先輩として、中学受験で第一志望校に合格するためのテクニックが公開されました!!

 

 

和田秀樹の第一志望校に合格するための受験テクニック

 

 

でも和田氏は、『もともと成績優秀な秀才だったのだろう』とか、『勉強で苦労した経験などないのでしょう?』と思うかもしれません。東大理V出身で受験の神様などと呼ばれているために、多くの人は勘違いされているかも知れませんね。

 

でも実は、和田秀樹氏はどちらかといえば劣等生だったのです。

 

というのも灘中には入ったものの、その後成績は低迷し、中一後半の成績は170人中の120位以下だったと云います。

 

そんな和田氏が、なぜ東大理Vに現役で合格出来たのかといえば、ある勉強法に気がついたからなのです。その勉強法に気がついてからは、成績は一気に伸びたと云います。

 

そして現役で東大理Vに合格しただけではなく、その後、当時まったくの無名高校に通っていた弟さんにも勉強法を教え、彼を現役で東大に合格させることが出来ました。弟さんの高校では、学校創設以来2人目の現役東大合格という快挙だったそうです。

 

そして、その後多くの方が和田式勉強法を実践して難関校に合格し、いつの間にか「受験の神様」と呼ばれるようになったのです。つまり単に頭の良し悪しや、長時間勉強して努力することで成績が決まるわけではないのです。

 

受験は要領?!

 

和田秀樹エントリー一覧